保育者は全てのお子様の安全を第一に考え、 キッズクラブのスタッフは事故が起こらない様に、最善の注意を払います。 しかしアクティビティーの中で予期せぬ怪我や事故が起こる可能性があります。その場合の手順は下記の通りです。

  • キッズクラブの保育者はCPR(心肺蘇生)、First Aid(応急処置)の資格保持者です。
  • 小さな事故に関してはお迎えの時に保護者に説明します。
  • 大きな怪我に関しては、応急処置をします。その後必要な場合は保護者に連絡をします。
  • お子様の安全と健康が危険にさらされ急を要する場合は、まず病院に連絡をし、医師の判断のもと適切な処置を行います。(上記事項は同意書にも記載されています)
  • 出血、打撲、骨折、失神、痙攣などは必要に応じて対応し、場合によっては救急車(#119)を呼びます。 それから保護者に連絡をします。 緊急対応の流れは下記の通りです。
  • その1、まず保護者はキッズクラブでお子様と合流し、一緒に救急車に乗って病院へ向かいます。